データベースアメニティ研究所 アメニティ研究所 (C) Scince 1996 Copyright  データベースアメニティ研究所
みかけの「便利」にふりまわされていませんか?-データの中に使いやすさを探し求めて-

データベースアメニティ研究所

データベースアメニティ研究所は、山形大学認定研究所 です。

データベースアメニティ研究所の入り口は こちら です。

かつて赤塚孝雄先生が山形大学工学部の工学部長を務めていらっしゃったとき シラバスや教員のデータをホームページに公開することになった。 紆余曲折の末、平中先生と学生たちと有志教員でシステムを開発した。 その開発コードネームは、「なせばなる」の上杉鷹山にあやかった 「 鷹山」であった。 そのときの有志教員グループは鷹山開発部隊と呼ばれ、 その後のビッグデータの時代が来ることを予見して データベースにかかわる技術的な研究を引き続き行うため、 バーチャル研究所「データベースアメニティ研究所」を立ち上げた。

認定研究所とは、自主的共同研究の推進を支援し本学の研究活動の活性化を図るために、社会的要請の高い分野、学際的分野、先駆的分野などにおいて分野を横断した自主的共同研究を行うグループをひとつの組織として承認するものです。原則として5年以内の研究であること、最終的に研究成果を論文等で公表することなどが定められていますが、専任の教員や施設を持たない認定研究所は、専門分野に囚われない柔軟な研究を行う場として、大学から公式に「研究所」等の呼称を与えられています。

山形大学認定研究所

メンバー

沿革


山形大学大学院 理工学研究科 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

©Copyright Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute, Yamagata University All Rights Reserved.